妊娠中の腰痛について

こんにちは♪

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸・柔道整復師の矢田です。

今日は妊娠中の腰痛についてお伝えします。
原因の1つに妊娠中には「リラキシン」というホルモンが
関節や靭帯を緩めます。
そうすると、骨盤が緩み痛みが出ます!

東洋医学では腰痛の種類が3タイプに分類されます。

①腎虚タイプ
慢性的に腰痛が続き、下肢の無力感、動くと疲労
②風寒タイプ
腰部の冷感、冷えるとますます症状悪化、寝返りが打てない、温めると痛みが楽になる
③瘀血タイプ
刺すような痛み、痛みの部位も一定、気血の滞り

などがあります。
タイプによって症状が異なってきます☺︎

ご自宅では
・楽な姿勢で寝る 横向き「く」の字
・顎を引いて背筋を伸ばして歩く
・腰痛体操
・慢性の腰痛は温める

このようなケアがあります。

マタニティ期は色々なトラブルがあると思います。
私たちがしっかりみさせていただき
ケアさせていただくのでご安心ください♩

妊婦さんのお腹の出方について

 

こんにちは。

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸・柔道整復師の矢田です。

 

今日は、マタニティ期の
お腹の出方についてお話しますね。

マタニティの方では
お腹が前に出るタイプと
前に出ないタイプがあります。

そこで今回は、お腹の下のほうが前に出るタイプの
【尖腹】をご紹介します。

尖腹の原因としては

・脊柱のS字カーブが少ない
・肋骨の位置が下がってるということが挙げられます。

そうなることにより、
・肋骨の空間が狭いため内臓が収まらない
・肋骨の動きが悪いため呼吸が浅くなる
・姿勢が悪くなるなどに関係してきます。

つまり、胎児が降りやすい方向と違う方向から骨盤に入るので
赤ちゃんがスムーズに下に降りてくることができず、
難産になるなんてことも、、、

IMG_2723

 

お腹の形は丸いスイカの形が理想と言われています。

尖腹の方はご自宅で、さらしを巻いたり
まずは横隔膜を意識して深く呼吸をする
猫のポーズなどで背骨をしっかり動かすなどを取り入れてみてくださいね。

 

鍼灸院では、施術で背骨の柔軟性を出したり、呼吸をしやすくするのはもちろんですが
何故なるのかの説明や、セルフケアもお伝えしております。

素敵なお産になるよう応援しております。

 

つわりについて

こんにちは♪

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸・柔道整復師の矢田です

ここ数日寒い日が続いてますが
お身体の調子はいかがでしょうか(^^)/

最近は妊娠中にお身体診させいただいている方が
無事出産され産後ケアとして通って下さる方が多く
とても嬉しいです。

今日は【つわり】のお話を。
つわりは悪心・嘔吐や倦怠感、眠気などの症状があり
妊娠5〜6週から現れ、
妊娠12〜16週でおさまると言われています。

この、つわりの原因は最近ケンブリッジ大学の研究で分かってきたみたいで、
GDF15(成長分化因子)というホルモンが大きく関与しているというデータが出ました。
GDF15とういホルモンが妊娠時に急激に増える事で、
それにうまく対応できない人がつわりの症状が強く出るそうです。
(詳しくはこちらの動画をご覧ください➤https://youtu.be/VCKAbzauPQ8?si=FmJewN5QCc7qaj18)
早く治療法が確立されてほしいですね。

また、妊娠初期は栄養不足からビタミン不足にもなりやすいです。
とくにビタミンB6が不足している方のほうが、つわりの症状が出やすいみたいなので、
意識して取るのもオススメです。
食べ物でいうと、たまごやブロッコリー、お肉、バナナ などがありますが、
絶賛つわり中の方はそれを食べるのも一苦労ですよね。
最近はサプリもあり、タブレットやグミタイプもあるので、食事でとれない場合はサプリに頼るのも良いです。

定期的な気分転換や
水分摂取を心がけていただいたり、
食べたい時に食事を摂ったり、
さっぱりしたモノを食べたりと工夫してみて下さいね。

あまりにもひどい場合は、脱水などの心配もあるので、遠慮せず病院にいってくださいね。

寝ても起きてもしんどいつわり・・・
少しでも軽減する工夫をしながら乗り切りましょう♪

どれだけつらくても、つわりには終わりがあります!

つわりの時期を乗り越えれば赤ちゃんに会える大きな楽しみがあるので、
あと少しだけ頑張りましょう!応援しています。

メニュー紹介~逆子~

こんにちは。

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸・柔道整復師の矢田です

本日は雨が降り少し暖かい気がしますね^^

今日は逆子治療のメニュー紹介します。

逆子は原因が分かっておらず
例えば、子宮腔内の異常、胎児奇形、へその緒の長さ、
骨盤が狭い、初産婦、家族歴
など様々な要因が考えられています。

もちろん原因が分からないものもあります。

 

《コース内容》
カウンセリング→足湯→上向きはり・灸→下向きはり・灸→首肩頭マッサージ という流れになります。

逆子は診断されてから
早めの施術をする事でまわる確率も上がります。
お母さんの身体の不調を取り除くことで
胎児も回りやすい環境となります。

もちろん何もしなくても自然に治る人が多いですが、鍼灸施術によりさらに30%上がると言われています。
また何より良いのが、逆子の治療といっても全身を施術していくので、妊娠中に伴うマイナートラブルも軽減出来るので大変喜ばれいています。

何か気になることがあればぜひ一度ご連絡下さいませ。