ここ何十年で1番調子がいい

【ここ何十年で1番調子がいい】

これは、昨日来られた方がおっしゃっていました

今まで身体の不調で長年悩んできた方ですが、鍼灸でしっかりメンテナンスをしているうちに、何十年生きている中で1番調子がいい!との事でした

なんと嬉しい◎

そして逆に、
今までどうやって苦しい日々を過ごしていたのかと思うと、ゾッとする。ともおっしゃっていました。

長い間、原因不明の不調と
闘ってきたんですね。

人は元気になると
以前の前の苦しみを振り返れる余裕も出てきますよね

西洋医学では血液検査も悪くないし
異常がないと言われたけど
なんだか毎日スッキリしないという時は
東洋医学の出番です

1人でも多く
「なんか最近調子がいい」と感じる人を増やすことが
「ちょ」の役割だと思っています

***

□身体のお悩みやお肌のお悩み
□行くまでのハードルが高い
□まずは聞いてみたい

など、ご質問ありましたら
@harikyu_choまでどうぞ*

【オケツ】タイプの方の食事

こんにちは

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸師&栄養士の宮本です。

 

冬の寒さもなくなりつつ
春も待ち遠しい時期となりましたね。

前回、冷えの原因として
東洋医学的には瘀血を改善しましょう、とお伝えしました!

今回は瘀血改善の食事のポイントを、3つお伝えします☆

ポイント1つ目
温かい食事を意識しましょう!
まずはしっかりと内臓から
温めることが大切です!

ポイント2つ目
辛味野菜を摂りましょう!
にんにく、しょうが
らっきょは
血の巡りをよくしてくれます!

ポイント3つ目
お酢を摂りましょう!
お酢にも血の巡りをよくする作用があります!
酢の物や酸辣湯は野菜も
一緒に摂れるのでおすすめです!

他にも
小豆や黒豆、黒きくらげニラ、ピーマン
ブルーベリー、まぐろなども
オススメな食材です(^^)

日々の生活、食事からも
アプローチしていくと
身体の変化も感じられると思います。

少しずつ意識してみましょう◎

子宮を味方にする~実践編~

こんにちは♪

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸師&栄養士の宮本です。

 

前回、子宮を味方にしよう!
というお話をさせて頂きました!

ではどうやって
子宮を味方にしていくのかを
今回はお話しますね!

子宮の大敵は【冷え】です!
冷えは血行不良の大きな原因になります。

東洋医学では
血の巡りが悪いこと(血行不良)を
“瘀血”といいます

瘀血を改善するには
冷えない身体づくり
=代謝を上げることが大切です!

内側、外側から
しっかり温めることがポイントです!

<外側>
温かい服装
足首を冷やさない
半身浴、湯たんぽ
<内側>
温かいものを食べる
栄養素を摂取する

どちらか一方だけしてしまうと
熱がこもってしまったりするので
ダブルでアプローチしてみましょう!

次回は冷えにおすすめの食事法を
ご紹介します★

学びは奥が深い

こんにちは♪

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸師&栄養士の宮本です。

今日から3連休の方も
いらっしゃれば
お仕事の方もいらっしゃいますよね!
今日から暖かい日が続くとのことで
花粉も飛びやすいので、花粉症対策をしてお過ごしください☆

先日、今月のケーススタディ
(サロン内勉強会)を行いました!

YUKI先生
肝脾肺腎のタイプで
コミュニケーションを変えて
お話したり、おすすめのデートプラン
養生法の提案を

NENE先生は
つわりの原因と対処法
セルフケア
実際にYUKI先生がご経験があるので
それも含めて体験談も聴き
栄養指導案などを

私は腰痛について
動作確認や施術方法
トリアージ
パルス(通電)のヘルツ

について各自ディスカッション

柔道整復師ならではの考えや
栄養士ならではの視点から
話をしてきいて
サロン内で共有できるのは
本当に勉強になります!

少しでもお客様により良い
施術、セルフケアをご提供できるように
日々努力と成長は大切だなと
改めて思いました!

来月もしっかり勉強をして
各自ディスカッションに向けて
準備頑張ります⭐︎

 

皆様も素敵な休日をおすごしください♪

東洋医学の醍醐味について

こんばんは
徳島 レディース鍼灸サロンちょ
オーナーのヤオハラです。

今日は、東洋医学の醍醐味「未病」についてのお話です。

東洋医学には、未病を治療する「未病治」という言葉があります。
聞きなれない言葉ですよね。

ここで、みなさんは健康とはどのような状態を思い浮かべますか?

「一般的には病気がなければ健康、健康でなければ病気」というイメージでしょうか?

東洋医学では
「健康の程度には高い状態から低い状態まで幅があって、それがさらに低下すると病気の状態に至る」と考えます。
「未病治」はこの健康の高い状態から低い状態の時点から治療を行うという考え方になります。

東洋医学では血液検査に出るほどではないけれど、ちょっと調子が悪いといった症状に対し
脈やお腹に触れバランスを診るのが得意分野です。

そのため、東洋医学を用いて治療を行う鍼灸では「病院を受診するほどではないけど調子が悪い」
「今は体調が良いのだけど調子が悪くならないように治療を受けておこう」
などといった形でご利用される方も多いです。

実際に、ちょに来られるお客様でも
調子は良くなったけど
メンテナンスで来られている方も多いですし、さらに健康を維持するために来られています。

運動や美容室に定期的に行くのと同じ感覚です。

鍼灸って悪くないと行かない!と言うイメージの方は多いかと思いますが、実はそうではなかったりします◎

いかがですか?
鍼灸のイメージは少し変わったでしょうか?

またわからないことがあれば、いつでもご連絡お待ちしております。

歩き養生

こんにちは♪

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸・柔道整復師の矢田です。

 

今日は少し役立つ養生法をご紹介します。

頭がモヤモヤしたり、
心が少し疲れてる時、
体が冷えている時、
身体が慢性的に疲れている時 など

そういった時は「歩き養生」を取り入れてみてください。

歩くことで
・気血の巡りがよくなる
・呼吸が深くなる
・血流が良くなる
・自律神経が整う
・頭が活性化し脳がリラックスする など

よい効果がたくさんあります。

ただ運動の効果だけじゃないんですよね◎

 

歩き養生を取り入れる事でより過ごしやすい
毎日を送れると思います。

是非、毎日5分から
少しずつ取り入れてみてください。

ちょっとからスタートすることが大事です!

 

心と身体が喜ぶ暮らしの提案

こんにちは。

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸師&柔道整復師のヤオハラです。

東洋医学では【養生】という言葉があり、日常的に良く使いますが、
聞きなれないと【養生】と聞くと少しハードルが高くなったりしやすいのかなと思います。

そこで今回はこの【養生】について。

養生とは簡単にいうと
【心と身体が喜ぶためのセルフケア】といった感じです。

心と身体にとっての一番の特効薬は、
調和のとれたライフスタイルを過ごすことです。
そのために私たち鍼灸師は東洋医学の知恵をお伝えしています。

 

それはけっして特別なことではなく、ちょっとしたこと。
食べ物のチョイスを変えてみたり、
寝る前にちょっと目を温めてみたりと。

自分の心と身体について深く知り、気付き、
生活にちょっと取り入れてみようかなといった
「気付き」や「きっかけ」になれる場所を目指しています。

 

心と身体が今までよりちょっと楽に毎日を過ごせるように。
そして自分を大切に想い、ライフスタイルを整えるご提案こそ【養生】です。

どうでしょう。少し親しみやすくなったでしょうか。
また何か気になることがあればいつでもご連絡くださいね。

メニュー紹介~こどもの鍼~

こんにちは♪
鍼灸・柔道整復師の矢田です。
今日は小児はりについてご紹介します。

小児はりは
♦︎ツボの刺激効果♦︎リラックス効果 があります。

人の身体には365以上のツボがあり
そのツボは内臓につながっております。
ツボを刺激する事で内臓の働きが良くなり
心と身体の発育を助けます。
また、皮膚の表面を軽く刺激する事で血流が良くなり
全身がリラックスし心や神経のバランスも整います。

小児はりは一般的な「鍼」とは異なり、
鍼を体に刺さず、専用の鍼で皮膚をさする、
あるいは皮膚に軽く当てて行いますので
痛みなどはなく生後2ヶ月から受けていただけます。

《対象症状》
・夜泣き・夜驚症・癇癪・夜尿症・便秘・下痢
・鼻水・喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー症状など

お子様のお身体の事で
お悩みなどございましたらご相談ください。

楽しく食養生~なつめ~

こんにちは。

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
鍼灸師&栄養士の宮本です。

 

今回はサロンでも大人気の【なつめ】について

なつめは薬膳料理や漢方薬などに
使用されていており
中国では「女性の宝」と呼ばれる果実です。

気持ちが落ち込んだり
イライラしたり
不眠気味
食欲不振
心身の疲れに
体力や気力を補い
元気を与えてくれます!

鉄分がプルーンの1.5倍!
妊活や産前産後に摂ってほしい
葉酸も豊富!

当院では
なつめ茶やなつめチップ
なつめチョコ、丸ごとなつめ
日々の生活で食べやすい摂りやすい
商品を販売しています!

なつめチョコは人気で
先日まで完売しておりましたが
再入荷しております!

なつめを普段の生活で
食べてみませんか?(*^^*)

お餅と食養生

こんにちは。

徳島 レディース鍼灸サロンちょ
オーナーのヤオハラユウキです。

みなさんお正月にお餅は食べましたか?

今日はそんな「お餅」にまつわるお話を。

お餅と言えば、うどんに入れて「力うどん」というように
「元気がでるもの」のイメージが強いのではないかと思います。

中医学で見ても「脾(消化器系)」の働きを高めてくれ、慢性的な疲れを改善に良いとされています。
また冷えからくる下痢などにもオススメとされています。

ただ、お餅は腹持ちが良い分、消化吸収に負担がかかりやすいので
元気も無くて食欲も無い時には避けた方が良いとされています。

「疲れているけど、食欲はあり胃腸は元気!」という時におすすめです。

また「本草網目」によると、「お餅を毎日のように食べ過ぎると、動悸が起こりやすくなったり、皮膚の炎症が起こりやすくなる。またお酒と一緒に食べると、酔いがさめにくくなる」とも書いているので注意が必要です。

これらを踏まえて、おいしくいただきましょう♪

私は年末に毎年恒例のお餅つきをして、腰を少々痛めましたが
早めの対処ですぐに良くなりました。

なんでも早めのケアは大事ですね♪
違和感くらいで対処できるのがベストです!

まだまだ寒さが続きますので、ご自愛くださいませ。